スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCモニター、ディスプレイ選びの為の基礎知識

気温が中途半端なので、どういう服装で外出するか悩みますね

こんばんはかえでです



友人がモニター購入で悩んでいるらしいので

今回はモニターを選ぶにあたって、どこを気にすれば良いのか?

そもそもなにが違うのか?等の

モニターディスプレイの基本知識などを書こうと思いますよ

ではさっそく参りましょう

Q.グレアとノングレアって何?
A.液晶画面の表面処理の事を指します

■グレア
光沢がかっている(画面がピカピカしている)ものです
ノートパソコンやiMacとかにある艶のある画面のことですね

○メリット
画面の色彩が鮮やかで、黒が引き締まって見えるためコントラストが高い点です
静止画や映像がとてもキレイに見えると言われています

×デメリット
映り込みが大きいという点です
自分の姿や背景もはっきりと画面に映りこむので映り込みが気になりやすく、目が疲れやすいのです
また画面にキズがつきやすいので、掃除の際にも注意が必要になります



■ノングレア
非光沢になっている液晶です

○メリット
映り込みが無く、目にも優しい造りです

×デメリット
グレアに比べて発色が地味で、やや白っぽく見える場合があります
発色の地味さのせいでグレアより画質が悪く感じる事もあります

詳しくはとても丁寧に説明されている記事があるのでこちらをチェックして下さい↓
第1回 光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう

グレアは環境によっては見えづらいということもありますし
無難に使いたいようでしたらノングレアのほうがいいかと思いますかね



Q.画面サイズってどれくらいが良いの?
A.用途によって違いますが23~24インチあたりが売れ筋のようです
価格comやAmazonなどで見てみると売れ筋は23or24インチで
次いで21.5インチと27インチと続いているようです

最近はPCの用途が多用しているためか、多少大きめなモニターが人気になっているのですね
私は27インチ、21.5インチ、19インチと3台使っていますが
メインは21.5と19インチで、27インチはサブモニターとして扱っています
何故27インチがサブなのかというと、でかいから!です

TVを兼ねているのでこのサイズですが、その他の用途のときは大きすぎて逆に使いづらいと感じます
ゲーミングPCでも人気のサイズは24型の傾向にあるようです
理由は画面が大きすぎると視野も広げなければならなくなることと
必要以上の情報量がゲームをプレイする上で不要になることなどからです
あまり大きいと眼球運動の幅が広がりますしね
これは画像・映像編集を行う際も同じと言えます

なのでTVとして使う以外は別にして23~24インチあたりを
デュアルモニターで使用するのがお勧めだと思います



Q.入力端子のDVIとHDMIってどっちが良いの?
A.基本的には一緒です
近年のモニターやGPUに搭載されている入力端子は
DVI-D端子、D-Subミニ15ピンの2系統出力+HDMIが付いているものが主流だと思いますが
HDMI端子がついていないモデルもあるので、HDMI接続したい方は
購入の前に入力端子も確認しておいた方が良いと思います

ほとんどの方はDVIで接続するのではないかと思いますが、最近ではHDMIで接続する方も増えているようです
もともとHDMIは、テレビやDVDレコーダーなどのAV機器向けに作られたインタフェースですが
それがパソコン分野にも広がってきたものになります
HDMIはDVIの仕様から派生したものなので、両方共デジタル変換をサポートしている点が共通しており
互換性を確保するように規格が作られています
このため市販のHDMI-DVI変換ケーブルを使えば簡単に接続できますし、どちらでも画質は変わりません

では何が違うの?という話ですが

違いがあるのは、DVIは音声伝送機能を備えていないのに対し
HDMIは1本で映像と音声の両方を同時に伝送可能なので、接続時ケーブルが1本で済むという点です
もう一つ重要なのが、著作権保護技術「HDCP」です
DVI搭載機が販売され始めた当初は、パソコンでのAV機能的な利用は一般的ではなかったため
HDCP機能を備えずに作られた製品が多くありました
一方のHDMIは、当初からAV機器を主用途に据えていたため、HDCPの実装は不可欠だったのです
結果として、HDMIはほぼ全製品でHDCP機能を実装するに至っています
なので、モニターにスピーカーが内蔵されていてHDMIで接続したいなどの場合以外は
DVIで接続するのが一般的だと思いますし、HDMI端子が無いモデルでも特に支障は無いと思います

こちらも詳しくはとても丁寧に説明されている記事があるのでこちらをチェックして下さい↓
第2回 DisplayPortからD-Subまで――液晶ディスプレイの「映像入力インタフェース」を網羅する



Q.液晶パネル駆動方式ってなに?
A.画質や応答速度の傾向を決める重要な要素です

TN(Twisted Nematic)方式
VA(Virtical Alignment)方式
IPS(In-Place-Switching)方式 の3種類に分けられます

基本的には、低コストの順にTN方式→VA方式→IPS方式
PCでの静止画表示に利用するなら、 高画質の順にIPS方式→VA方式→TN方式と言われています

それぞれの特徴はこちら

■TN型(Twisted Nematic)
 パソコンモニタや携帯電話で最も採用されている方式です
 一昔前はかなり一般的なモニターでしたが今もTNモニターが多いのでしょうか?

○メリット
生産技術が確立しているため、3種類のなかでは比較的安価に購入できます
また応答速度が速く、低消費電力なのが魅力です

×デメリット
視野角が狭く、角度によって色合いが変化してしまう色度変移が起こりやすいです

■VA型(Virtical Alignment)
 高品質なテレビやパソコンモニタに採用されています

○メリット
かなり純粋な黒を表現でき、IPSよりもコントラストが高いです
また応答速度も速めです

×デメリット
構造上、視野角が狭くなります(補正技術で広視野角のものも存在します)
応答速度、消費電力、価格ではTNに劣ります

■IPS型(In Place Switching)
 高級テレビ・モニターに採用されています

○メリット
3種の中で視野角が最も広く、色度変移も少ないです

×デメリット
バックライトの透過率が低いのでコントラストが低めです(専用回路で補正してカバーする場合もあります)
応答速度、消費電力、価格ではTNに劣ります

こちらも詳しくはとても丁寧に説明されている記事があるのでこちらをチェックして下さい↓
第4回 TN?VA?IPS?──液晶パネル駆動方式の仕組みと特徴を知ろう



Q.リフレッシュレートと応答速度ってなに?
A.時間単位で何回○○するかを表す数値です

■リフレッシュレート
単位時間に何回画面を書き直すかを表すもので
通常ヘルツ (Hz)を単位として、1秒間にリフレッシュする回数を表します
仮に1Hzだったら画面更新は1秒に1回となり、紙芝居状態となります
パラパラ漫画みたいなものを創造するとわかり易いかもしれません

60hzとかのモニターが一般的な気がしますが
ゲーミングモニターとしては120hz駆動↑程度が良いとされています
良いものは144Hzや240hzなんてものもあるようです

■応答速度
画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに要する時間で
単位には「ms」(ミリ秒、1msは1秒の1000分の1秒)が使われます
応答速度が「5ms」の液晶ディスプレイは、画面の色が「黒→白→黒」と変化するときに
5msの時間がかかるということになります
応答速度が低速のモニターだと、画面の色の切り替わりが遅いため
何かしらの物体が動く際に、その物体の残像などがぼんやりと現れてしまいます

最近は1msなんてモデルもあるようですが8msもあれば実用性としては十分ではないでしょうか
リフレッシュレートと、1msの応答速度の組み合わせが理想的なゲーミングディスプレイと言われています

※相当目が良いか、PCでFPSや格ゲーをガチでやってるプレイヤー(大会出場者等)は
 やはり応答速度が早い物を購入することをオススメします(5ms以下程度が理想)
 


なんとなくモニターについておわかりいただけたでしょうか?
では実際にモニターを選んで見ましょう
まずはじめに決めることは「用途」です
これによって選択するモニターを絞ることができるからですね

例えば
①Adobe製品のPhotoshop等のデザイン関連アプリケーションを日常的に使用する方
②オンラインゲームをメイン用途にしている方
③ネットやOfficeソフト当事務のような用途にしか使わない方 などがあるとします

①の方にお勧めなのは耐久性・画質・サポートなどが高品質なシリーズ
候補1
「EIZO」
一般向けはFlexScan,業務向けはColorEdgeシリーズ

日本を代表する高品質モニターメーカーですね
高品質なモニターが欲しい→ナナオにしろ と言われる程のメーカーです
液晶モニターを業務で使う現場の方々にはおなじみのメーカーでは無いでしょうか

候補2
「三菱」
Diamondcrystaシリーズ(2013年12月に撤退を発表済)

ラインナップがかなり豊富で、価格とスペックのバランスが良好なので
安い部類のモニターでは無いにもかかわらず、かなり人気があったモニターだと思います
撤退で今後どうすれば・・・と頭を抱えた方々も多いのではないでしょうか
中古ならまだ探せば手に入りそう?です

候補3
「NEC」
MultiSyncシリーズ

医療規格や安全規格に対応しており、医療現場での幅広い用途に使用されているらしいです
私も17インチスクエアモニターを持っていますが、なかなか高品質だと思います
PC事業は2011年から中国の企業との合弁企業となっていますが
もともと液晶ディスプレーを製造していましたしね



②の方にお勧めなのは、高速なリフレッシュレートと応答速度に対応しているものです
候補1
「BenQ」
まだ120HZ液晶が出回り始めた頃の話ですが、不具合のあるモニターなどがある中
BENQは安定していたことから、ゲーミングモニターの定番=BENQという時代がありました
今は他社も安定している物が多いのでBENQ一択ではありませんが、昔ながらの人気があります
というのも、FPSモード(明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いをFPSゲームの為に調整されたモード)や
目の疲れを軽減させるフリッカーフリー技術を搭載しているまさにゲーム向けモデルがあるからです
格ゲーやFPSプレイヤーには馴染み深いメーカーでしょうか

「EIZO」
FORISシリーズ
上記でも紹介した日本を代表する高品質モニターメーカーですが
ゲーミングモニター向けのシリーズも販売しています
世界初240Hz駆動対応で残像感の低減するというなんかもう凄いモデルも存在します
値段はお高めなので財布と相談ですが、高品質なゲーミングモデルでしょうね

候補3
「iiyama」
ProLiteシリーズ
安価なエントリーモデルでは最もおすすめなモニター
23インチのProLite X2382HS-GB1は反応速度、画質、価格等を総合的にみるとかなりコスパが良いモデルですし
27インチのProLite G2773HS-2 PLG2773HS-GB2は大型モニターのなかで応答速度が素晴らしいので
大型ゲーミングモニターではかなり重宝するモデルだと思います



③の方にお勧めなのは「ASUS」、「LG」などのコスパ重視のシリーズ
一応ASUSはゲーミングモデルを出していますが、それ以外のモデル購入するなら
この辺のメーカー製品は、安くなっている時にそのモデルを買うとかで特に代わりはないと思います
LG・Samsungに抵抗があるような方はASUSとかそういう感じでしょうか



思ったより長文になってしまいましたが、ある程度参考になっていれば幸いです

私は、三菱Diamondcrysta、iiyamaProLite、NECを使用しているのですが

どこのメーカーさんも日々技術的に進歩しているので

最近は安価でコスパの良いものも増えていますね

PCモニターはそんなに壊れたりするものでもありませんし

長く使えることが多いので、メインで使うモニターは

ちょっと奮発したりしても良いかもしれませんよ

おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かえで(かゆで)

Author:かえで(かゆで)
ZOOMEにゲーム動画を投稿しているので興味がある方は合わせてどうぞ↓
ZOOMEが閉鎖したので一時動画はお休みします

ブログ&動画の更新情報はこちら

かえでTwitte

カテゴリ
MHF (9)
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。