FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5分アニメ

ふぅ、やっと落ち着いてきたぜ…

こんばんは、かえでです



ちょいとプライベートでドタバタしておりましたが

ようやく落ち着きました



さて、久しぶりの更新ですね

本日は「5分アニメ」の記事を書こうと思いますよ



一昨年あたりから5分アニメといわれる、放送時間が5分~10分前後の深夜アニメが急増しています

この「5分アニメ」が注目されるようになったのは、「秘密結社鷹の爪」などの低予算のショート

アニメが流行したのがきっかけだそうで、2010年は3本だった5分アニメが

11年は6本、12年は8本と増え、2013年は1~4月で11本に達しています

3年間で4倍以上になっている計算なので、すごい勢いですね



テレビ放送アニメーションの制作費は、ソフトや原作をTVでPRし

DVDなどのソフトやグッズ、原作の売り上げを伸ばすことで回収するのが一般的です

しかし30分アニメ、1クールの制作費用は1~2億円程度必要となっており

近年はDVDや、Blu-rayの売り上げが減少傾向にあるため、赤字のタイトルが多くなっています

少しでも売り上げをあげるため、特典盛り沢山なのが当たり前になってますしね、DVD&Blu-ray

ラノベ原作作品などが、文庫本約1冊分の特典つけていたりしますし



ところが5分アニメは2000万円未満で制作できるため

利益回収のハードルが低く、赤字になるリスクを低減できます

そりゃ増えますよね、5分アニメ



また総務省がまとめた11年の社会生活基本調査によると

国民全体の自由時間はインターネットを利用する時間が06年から1.5倍以上増える一方

テレビの視聴時間は25~34才で一人当たり10分以上減少しているそうです

趣味が多様化し、アニメ視聴に割ける時間が減っており

30分の連続アニメを追いかけるのは大変だが、5分アニメは見やすく分かりやすい」と

視聴者側からも支持されている面もあるみたいです



さて、そんな5分アニメの魅力ですが

なんといっても、見やすくて分かりやすいところでしょうか?

4コママンガを原作とした作品が多いので、流れよくオチをつけることができているものが多いです

とは言え、30分じゃ間延びして長いと感じる作品もあれば

5分じゃ物足りない!と感じる作品もあるわけなので、必ずしも良いとは言えませんけどね



また、ちょっと本題と外れるかもしれませんが

今期だと「よんでますよ、アザゼルさん。Z」や「波打際のむろみさん」のような

ハイテンションなギャグ系作品が15分で放送されています

前期で言う「てーきゅう」がハイテンションな5分アニメでしたが

疲れるんですよね、ハイテンションギャグアニメって・・・まぁ面白いのですが

そういう意味でも、30分ではなく作品を生かしやすい尺で放送できるというのも、魅力かもしれません



さてさて

5分アニメの制作に力を入れている会社と言えば竹書房でしょうか

06年「秘密結社鷹の爪」、09年に「ゆるめいつ」、11年は「森田さんは無口。」など

さまざまな作品の5分アニメ化に着手し、ほとんどの作品が黒字になっているのだそうです

今期も「スパロウズホテル」が放送されています

来期は…確認していませんでした^q^



低予算で制作できることから、さまざまな版元がどんどん参入している5分アニメ

ソフトの市場が全体的に落ち込んでいる現状で、新たなビジネスモデルとなりえるか

一時の流行で終わるのか・・・

今度の動向をチェックですかね

おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かえで(かゆで)

Author:かえで(かゆで)
ZOOMEにゲーム動画を投稿しているので興味がある方は合わせてどうぞ↓
ZOOMEが閉鎖したので一時動画はお休みします

ブログ&動画の更新情報はこちら

かえでTwitte

カテゴリ
MHF (9)
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。