スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲート-自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編

読み終えた本の感想&紹介記事です

今回はアルファポリスレーベルから刊行されている

「ゲート-自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編」です



「ゲート-自衛隊彼の地にて斯く戦えり-(接触編)」は

柳内たくみさんによるファンタジー小説です

2013/02/26に書いたゲート-自衛隊彼の地にて斯く戦えり-(接触編)の続編ですね

シリーズについての紹介は上記で書いているので、今作の感想から書こうと思いますよ



文庫版は上下巻併せて600ページ弱で、軽めの文体かつ

かなり大きな文字で書かれているのでスラスラ読めます

前作より良くはなっているものの、言い回しや文体が気になる点はまだ残っていますかね

これはそういう部分も含めて、柳内たくみさんの良さなのかもしれないので

人によって感じ方が違うとは思いますけども!



内容は、接触した異世界の人々との交渉を進めるため

交流の場を設けるなど行動する日本政府

異世界の資源、利益にあずかろうとする外国や

(異世界側の)帝国の皇族同士の権力争いや諸外国との軋轢など

大筋のストーリーが進行していくなか

1巻で対峙したファンタジーと言えばお馴染みの炎龍(ドラゴン)と

対峙しなければならない状況に追い込まれるお話です



タイトルを見て、炎龍と戦うんだろうとは思っていましたが

こういう戦闘なるとは思っていなかったので驚きました

いやー、なかなか熱い展開でしたね

最大の見所は勿論VS炎龍シーンだと思うのですが

伊丹、柳田など、登場人物の心情を描くキャラ描写もあり

とても楽しく読むことが出来ましたかね



この流れだと続きも楽しみです

まぁ文庫でるまで待つのですけれど!

おしまい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かえで(かゆで)

Author:かえで(かゆで)
ZOOMEにゲーム動画を投稿しているので興味がある方は合わせてどうぞ↓
ZOOMEが閉鎖したので一時動画はお休みします

ブログ&動画の更新情報はこちら

かえでTwitte

カテゴリ
MHF (9)
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。